わたし歩記 それでも、きょうも、歩いてく...

あなたの魂の旅に添乗するカメラマン さとうみゆきの徒然日誌

季節に想ふ

約束は”守る”ものじゃなくて

きのうは、 ちょうど1年くらい前に、「遊びに行ってみたいなあ」 と言葉を交わしていた友人の家に ひな祭りに呼んでもらって 遊びに行ってきました。 その友人も、 「いいよ!ぜひ、遊びに来て!」 と快い返事をしてくれて、 実現したのが、きのうだった、…

次の季節へ・・・

今朝、誘われた仕事を、 束の間、考えた末に、断りました。 「人の役に立たなければ、 存在してはいけない」 と言う思い込みに どっぷりとハマって生きていた、 以前のわたしなら、 束の間、考えた末に、 恐らくは、お受けしていただろう、 そんな仕事でした…

信じられること

春になったら 必ず、咲く。 まじりっけなしに 信じられることが この世に 一つでもあること。 それが、 明日の "生きる''を 確かなものに してくれている。

椿

咲いている姿よりその潔い散り姿に断然ときめく花、椿。 咲き誇っているときよりも、 落ちてからの方が、 上を、天を、 見ている花。

Copyright (C) 2017 miyuki sato. All Rights Reserved.